誰しも必ず一度は、鍵を無くした事により、大慌てした経験があると思います。
実際、合鍵は鍵を無くした場合の予備として存在する事から、「鍵」は非常に無くしやすく、無くすと大変な思いをしてしまいます。
鍵を無くした時は、カギのエキスパートである鍵屋に依頼する必要があります。
また、鍵の紛失だけでなく、泥棒などにより、鍵を壊されてしまったりした場合、元の状態に修理したり、鍵の交換をしたり、さまざまな鍵のトラブルに対応してくれるのが、鍵のプロです。
様々な地域に鍵の専門業者が存在しており、”大阪”にも幾つか御座います。
平成23年中における大阪府の空き巣被害総額は、約17億円だそうです。
1年間でこれほどの空き巣被害があると、正直府下に住んでいる人は非常に怖い思いをして、暮らす事になります。
また、空き巣の手口として「施錠破壊」があります。
施錠破壊を防ぐため、よりセキュリティの高い鍵に交換する人は少なくないでしょう。
防犯対策の鍵には、幾つか種類があります。
「円筒錠(シリンドリカルロック)」、「本締まり付き円筒錠(インテグラルロック)」、「面付箱錠」、「彫込箱錠」などあります。
自分の家で使用している鍵の種類が防犯性能が低い場合は、防犯性能が高い鍵に交換する事を検討すべきです。
特に「円筒錠」は、ノブに鍵穴があるタイプです。
外側からは鍵、内側からはボタンを押して施錠する旧式の鍵ですので、壊れやすく、ノブごともぎ取られたり、こじ開けられたりする可能性が十分あるタイプの鍵です。
防犯性が極めて低く、空き巣も防犯性能の高い鍵より、比較的狙いやすい鍵を選ぶ為、被害にあいやすくなると思います。
防犯性能に優れた鍵に交換したからと言って、油断してはいけません。
色々な手を使って空き巣を繰り返すからです。
ピッキングによる空き巣被害も非常に増加しているので、ピッキング防止の「ディンプルキー」を検討する事により、幾らかは防犯対策になると思います。