治安大国と呼ばれた日本ですが最近ではその流れも崩れつつあるようです。
毎日のように凶悪犯罪が報道され、その影では空き巣などの犯罪も横行しています。
日本人のモラルの崩壊と、犯罪組織の国際化がその背景にあるようですが、一般市民にとっては恐ろしい話です。
様々な犯罪の中でもっとも身近な犯罪が空き巣被害かもしれません。
留守で中のものだけ盗まれるのであればまだましですが、犯人とばったり遭遇となると命の危険すらあります。
このような危険を避けるためには防犯対策を施し、できるだけ犯罪を企てられない住環境にすることが大切です。
ご存知のように、大阪はひったくりなどの犯罪率が全国でも1,2を争そうほど高い街です。
もし大阪に住んでいるのであれば、防犯対策には力を入れたほうが良いでしょう。
防犯対策に力を入れるのであれば、まずはカギの交換から取り組んでください。
空き巣の多くがカギを開錠して侵入しています。
ピッキングやサムターン回し、カム送りなどの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
空き巣犯は特殊な機会を使って簡単にカギを開錠してしまいます。
空き巣を遠ざけるには面倒なカギだと思わせることが有効と言われています。
開錠している姿をできるだけ見られたくないので、短期間で開錠できる住宅が狙われます。
犯罪者の心理としては、逮捕されることが一番怖いので、少し手間取りそうだと思った時点で他の家を狙うそうです。
この心理を上手に利用できるのがカギの存在です。
開錠が難しいカギをしている住宅は防犯意識が高いと考え敬遠されやすくなるでしょう。
少しだけ出費が必要になりますが、空き巣犯を遠ざける有効な方法です。
現在お住まいの大阪が、犯罪率の高い街であることをしっかりと認識し、防犯対策を立てるようにしてください。
犯罪はどんどん巧妙化しています。
築かないうちに狙われていることもあるのです。
安心して暮らすために、まずは防犯対策を立ててください。