カギが壊れてしまった時に困るのは玄関のドアだけではありません。
私の家では勝手口のカギが壊れてしまった大変困った事になりました。
いつもの様に勝手口のドアを閉めたつもりだったのですが、閉め方が強かったのかドアを閉めると同時にカギから異音がして、カギが壊れて自力では勝手口を開けることは出来なくなってしまったのです。
勝手口のカギが壊れても玄関から出ればいいのですが、我が家の構造は少し変わっており、家の玄関と勝手口の両方が直接道路に面しているのです。
その為に勝手口にもチャイムがついており、勝手口のカギが壊れてしまうと困るのが、勝手口のチャイムを押してくれた方々をわざわざ玄関まで誘導しないといけないという事で、特に迷惑をかけたと思うのが宅配業者の方が勝手口からチャイムを鳴らした時です。
大きな荷物を持って勝手口から玄関まで歩いてきてもらわねばならず、私が早い内に勝手口のカギを交換しておけばと申し訳ない気持ちにさせられました。
自分が面倒なだけでなく、お客さんにも失礼だという事で急いでカギ屋さんにカギの交換を頼む事にしたのです。
幸いな事に、大阪でも有名なカギ屋さんが直ぐ近くにあったので助かりました。
勝手口のカギが壊れた事によって、勝手口と同時に玄関のカギまで壊れたらどうしようかと不安な気持ちもあったので、勝手口だけでなく玄関のカギも交換してもらう事にしたのですが、二つもカギ交換をしてもらうとなると時間がかかるだろうと思っていたにも関わらず、勝手口のカギ交換だけでも殆ど時間がかからずに終わり、玄関のカギ交換もあっという間に終わったのが驚かされました。
見た目も美しいカギを選んだのですが、それだけで玄関と勝手口のイメージも大分変わるもので驚かされます。
勝手口のカギを交換してからというもの、以前はカギを開けるのも硬くて中々開かなかったのに、スムーズにカギが開く様になっていて手首も痛くならずに助かっています。
宅配便もいつも通り勝手口から受け取れる様になったので良かったです。