金融機関があまり信用できなかったり、手元に多額の現金がなければいざと言う時に不安と言う方は、金庫を利用している方がおられるでしょうね。
特に大阪は商人の街ですから、仕入れ先に支払うお金を、いつでも払えるように金庫にしまっている方も多いと思います。
しかし、そのお金を使う段になって、金庫を開けることが出来なくなってしまったら、これほど困ることはありません。
もともとカギというのは玄関や車のカギでもなくしやすいものなので、それが頻繁に開け閉めすることのない金庫のカギだったらなおさらのことです。
それにカギがあっても錆びたり、一部分が欠けたりして使えなくなってしまうこともありますから、そのような場合はカギの専門業者に開錠を依頼することにしましょう。
カギ専門業者なら壊れたカギならすぐに修理または交換をしてくれますし、ダイヤル番号制の金庫の数字がわからなくなってしまったときでも、その場で番号の解読作業に入ってくれます。
中にはテンキー性の金庫もあるでしょうが、これであっても解読に挑んでくれる業者があるので、金庫のカギが開けられなくて困ったときは、まず電話かインターネットで相談すると良いでしょう。
ダイヤル式業務用の金庫の鍵開けは、業者の間でももっとも難しい作業と言われていますが、出来る業者は存在するので、金庫を破壊せずに開錠したいという方におすすめです。
それでもどうしても開けられない場合は、ダイヤル破壊となりますが、これもダイヤルを交換すれば済むことですし、テンキーであっても修理・交換を行うことが出来ます。
これらの作業はおよそ数万円で行ってくれますが、金庫が開けられるのなら、それほど高い金額というわけでもないでしょう。
最終的に開ける方法がひとつもなかった場合は、金庫を破壊するしかありません。
その金庫は二度と使えなくなりますが、この料金は金庫の大きさなどにより、数万円から数十万円かかることもあるので、依頼するときはじっくり考えたいですね。