賃貸住宅を選ぶとき、一番気になるのがセキュリティ。
私が暮らす大阪は、ひったくり件数日本一だし、空き巣の件数も多く、以前住んでいたマンション内の掲示板にはしょっちゅう注意を促す内容が書かれていました。
その文章を見るたびに、心配症の私は不安MAX。
家に泥棒が入ったらどうしよう。
また、自分がいるときに人が入ってきたらどうしよう。
そんなことを考えては、青くなっていました。
そんな不安をなくすため、今の家に引っ越すときには、セキュリティにかなりこだわりました。
各部屋の窓には、上下に錠をプラスすることで窓の一か所を割られたとしても侵入しづらくしましたし、またベランダの窓にはフィルターを貼って、割ることすら困難に。
中でも、一番気を使ったのが、カギ。
簡単なカギだと、空き巣にすぐ開けられてしまうと聞き、ピッキングが難しいディンプルキーに交換しました。
通常、賃貸住宅なら、カギ交換は無料のはずですが、特殊なディンプルキーを選んだため、料金がちょっとアップ。
でも、それで安心が買えたと思ったら、安いものです。
簡単なカギのまま、暮らしていて空き巣に入られてしまったらすごく後悔しますものね。
これから引っ越しを考えている方も、カギには絶対こだわって。
賃貸住宅によっては、入居者が変わってもカギ交換をしていないところもあるそうなので、引越す際は自分から「カギ交換していいですか」と言い出すぐらいがベスト。
また、その際はカギの種類の指定も。
できれば、ディンプルキーなど、開けづらいカギがベストです。
それってわがまますぎない?と心配になる人もちょっと考えてみて。
住む人のセキュリティへの要望に応えてくれないマンションって、それからずっと住む家としては不安ではないですか。
住む人が安全に暮らしたい、と思う気持ちに応えてくれる、せっかく住むならそんな家に住みたいもの。
カギ交換は、そんな要望に応えてくれるか、を調べるための指標としても役立つと思いますよ。